認定駐車場とは

認定駐車場とは

国土交通大臣認定駐車場とは、防災・構造等の安全性に関する国の厳しい基準をクリアし、
国土交通大臣の認定を受けた駐車場のことです。
国が安全性等について保証(事前審査) 済みの商品である上、防火設備の緩和等がある為、より安価にて提供できます。

自走式駐車場「大臣認定」

自走式駐車場「大臣認定」

一般認定とは

一般認定とは定められたのルールに基づき、システム化された認定です。
防火設備等の緩和を受ける防耐火認定と、防火設備等の緩和に加えて、構造計算適合性判定の免除も受ける型式適合認定とがあり、1層2段から5層6段まで計画が可能。

個別認定とは

形状に特別な制約がなく、限定された敷地の、その物件のみに適用されるもので、個別に大臣認定を取得する認定のこと。
一般認定より、設計の自由度が高いため、一般認定では対応できない1階と 2階を店舗、それより上を駐車場にするなどの施設併用が可能となり、6階建て(6層7段)にも対応可能。
一般認定品と同様に、耐火被覆、防火シャッター・泡消火設備不要。
個別認定取得まで、約6か月と時間がかかるが、取得費用は、規模・内容による変動が少ないため規模が大きくなるほどコストダウンとなります。

セイワパークの個別認定品

防耐火認定とは

3階建て以上の駐車場が対象で、国土交通大臣が防災についてあらかじめ部材等を審査した認定で、耐火被覆不要・防火区画不要及び延焼ラインの緩和を受けることができるため、効率的なプランニング・土地の有効活用につながります。
また防耐火認定を取得することにより、消防設備の緩和(固定式消火設備不要)を受けることが出来るため、設備工事について大幅なコストダウンが図れ、投資効率もアップします。

型式適合認定とは

国土交通大臣が指定する機関により、あらかじめ構造について部材及び設置条件等を審査されたもので、構造計算適合性判定の審査も免除されるため、建築確認申請期間の大幅な短縮が可能。
セイワパークでは1層2段型から4層5段型まで、10機種の型式適合認定を取得。

認定の特長

一般認定駐車場 個別認定駐車場
(駐車場部のみ)
在来工法駐車場
防耐火認定 型式適合認定
延床面積 各階:最大4,000㎡ 各階:最大4,000㎡ 制限なし
耐火被覆 不要 不要 必要
(3F建て以上)
防火区画 不要 不要 必要
延焼対策
(防火塀が不要になる距離)
1〜3m以上
※各規模による
1〜3m以上
※各規模による
1Fは3m以上
2F以上は5m以上
消火設備 移動式粉末消火設備 移動式粉末消火設備 固定式泡消火設備
※移動式粉末消火設備の使用を
可能にするには開放性の
基準を満たす必要がある
設計期間 約1.5ヶ月 約1ヶ月 約6ヶ月 (認可取得) 約2ヶ月
コストダウン項目 耐火被覆不要
防火区画不要
消火設備の緩和
耐火被覆不要
防火区画不要
消火設備の緩和
構造計算の不要
耐火被覆不要
防火区画不要
消火設備の緩和
-
一般認定駐車場
防耐火認定 型式適合認定
延床面積 各階:最大4,000㎡
耐火被覆 不要
防火区画 不要
炎症対策
防火塀が不要になる距離
1〜3m以上
※各規模による
消火設備 移動式粉末消火設備
設計期間 約1.5ヶ月 約1ヶ月
コストダウン項目 耐火被覆の不要
防火区画の不要
消火設備の緩和
耐火被覆の不要
防火区画の不要
消火設備の緩和
構造計算費
個別認定駐車場 在来工法駐車場
延床面積 各階:最大4,000㎡ 制限なし
耐火被覆 不要 (駐車場部のみ) 必要
防火区画 不要 (駐車場部のみ) 必要
炎症対策
防火塀が不要になる距離
4.5〜6m以上
※各規模による
1Fは3m以上
2F以上は5m以上
消火設備 固定式泡消火設備 固定式泡消火設備
※移動式粉末消火設備の使用を可能にするには開放性の基準を満たす必要がある
設計期間 約6ヶ月 (認可取得) 約2ヶ月
コストダウン項目 耐火被覆の不要
防火区画の不要
消火設備の緩和
なし